ジェットスター・ジャパンは格安航空会社の中で特に人気がある

リーズナブルな値段で人気に

ジェットスター・ジャパンは2011年の9月5日に設立され、翌年の7月3日に国内線の運航が開始された会社なので、他の格安航空会社と同様に歴史がそれほど長いというわけではありません。
しかし、運航が開始してからおよそ3年後の2015年8月に、 国内の格安航空会社としては最も早く累積搭乗者数が1,000万人を突破したことから、多くのお客さんから支持を受ける、大人気の会社に成長していることがうかがえます。
しかも、現在の国内の格安航空会社の利用者の中で、約半数という多くの人たちがこの会社を選択しているという点も、その人気の高さがよく分かるデータだと言えるでしょう。
ジェットスター・ジャパンがそれだけ多くのお客さんから人気を得ている理由としては、やはり格安航空会社の最大の魅力と言える、リーズナブルな料金で利用できるという点が大きいでしょう。
国内線で片道3,000円台から、国際線でも片道4,000円台からという、一昔前なら考えられなかったほどの安さで飛行機が利用できるのです。
これは他の格安航空会社と比較しても、そうとうな安値だと言っていいでしょう。
さらに、同一路線で同一時間帯にこの会社よりも安い価格のフライトがあれば、その会社の価格よりも10%引きでフライトを提供するという、最低価格保証制度を導入しているという点や、セールの対象になるフライトであれば、通常よりもさらに安い価格で利用できるという点も、この会社を利用する大きなメリットとなっています。

飛行機が身近になったリーズナブルな値段で人気に安いと不安に感じたけど