戦略の作り方①

3C分析

戦略を立案する上でスタートラインとなるのが、参入するビジネス全体の把握である。

 

3C分析というものをご存じだろうか?

これは

Customer(顧客)

Competitor(競合他社)

Company(自社)

この3つの言葉の頭文字を取ったフレームワークであり、市場の分析や自社の置かれた環境を把握するために活用されるマーケティングの基本手法である。

3C分析は、市場を俯瞰的に観察する上で、有効である。

 

とても有名なこのフレームワークは様々な書籍やWEBサイトで紹介されているが、ここではなるべくシンプルに、この手法の本質(市場の成功要因であるKey Successful Factorを定め、それに対する自社のギャップをあぶりだすプロセス)のみに主眼を置いて説明する。

広告

この3C分析は、次の3つのステップに分かれて実施される。


[STEP 1] 市場におけるKey Success Factorの特定

Key Success Factorとは即ち「その競争を優位に進める上で鍵となる要素」のことである。

これを

Customerの分析:顧客のニーズは何か?

Competitorの分析:競合他社の戦略は何か?

から導き出すことが必要である。


[STEP 2] 自社の持つギャップの把握

第2のステップとして

Companyの分析:自社の現状はどうか?

を分析し、特定したKey Success Factorに対して自社の現状がどの程度ギャップを抱えているのかを認識する。

もし、あまりギャップがないのであれば、現状は持続可能か、将来競合他社の参入を阻む手立てがあるのか否かを検討する必要がある。


[STEP 3] ギャップを埋めるアクションの策定

最後に把握した自社のギャップを如何にして埋めるのか、それを検討する必要がある。

これが一番の難関であるが、最終的に経営戦略のレベルから、事業部ごとの具体的なアクションにまで落とし込むことで、その市場で生き残るための施策群が完成する。


3C分析最もベーシックな手法だが、古くから使われる汎用性の高いフレームワークであるため、是非「戦略の作り方」の一つとして心得て欲しい。

広告


このページで学んだことを定着させるために

・3つの『C』を覚えよう。

・STEP1~3に従い、3C分析を実践してみよう。

・あなたのフォーカスする市場のKey Successful Factorは何だろうか?

・あなたの組織がKey Successful Factorを獲得するためにはどんな施策群が必要だろうか?

広告