プレゼンテーションノウハウ


この章では、プレゼンテーションの有効な手法について、項目立てて述べていく。

尚、読者がプレゼンテーションの経験者である前提で話を進めていくため、プレゼンテーション未経験者については、下記外部サイトを一読いただくことを推奨する。

 

初めにハッキリと述べておく。

この世には数多のプレゼンテーションについて書かれた書籍があるが、このページを読めば、それらに頼ることはもう無用である。

 

プレゼンテーションに求められるものは

正しいマインド正しいテクニック正しいマテリアル(資料)

の3つであり、これらのが全てを左右する。

 

そして、そのを実現するノウハウをここに凝縮して盛り込んだ

 

ここに書かれたこと以上に、プレゼンテーションの知識やノウハウを求める必要はない。

何より重要なのは、このページに記したことを、必ず意識し、実践し、自分の能力として定着させることである。

何かを学ぶ上で、学んだことを定着させる以上に重要なことはない。

何度も繰り返し読み込んで欲しい。

広告


プレゼンテーションを成功させるつのノウハウ

[1] プレゼンテーションマインド

《第一条》最優先事項は「分かりやすさ」

《第二条》相手が「求める」内容でなければ意味がない

《第三条》記憶に残すのは「メインメッセージ」だけでいい

《第四条》「エンターテイメント」を話す

《第五条》自分ではなく「聞き手のため」


[2] プレゼンテーションテクニック

1.Make up ストーリー

2.ビジュアル化

3.「質問」と「ユーモア」

4.【まとめ】の強調

5.ピラミッドストラクチャー

6.Smile & Look


[3] 資料作成のコツ

Ⅰ. 人の《感覚》に順応させる

Ⅱ. 《無駄》を捨てる

Ⅲ. 《ボトムメッセージ》で整える

Ⅳ. 表現を《研磨》する

Ⅴ. 分かりやすい《レイアウト》で魅せる

広告


この章のおわりに

プレゼンテーションに必要なノウハウは、無数にある。

しかし、それらを全て取り込もうとすることは絶対にしてはならない。

情報に翻弄されてしまうだけだ。

頭でっかちになっても、それが実際に使えなければ意味はない。


クリティカルシンキングでも述べたが

情報を取捨選択し、大切な要素のみ活用すること。

これを徹底してほしい。


このページでは

私なりに、プレゼンテーションに必要な情報を取捨選択して、まとめ上げたつもりだ。

正しいマインド

正しいテクニック

正しいマテリアル(資料)

この3要素を確実に自分の能力として定着させたとき

あなたのプレゼンテーションは、絶対に聞き手の心を揺さぶるような内容になっている。


そのためには繰り返し繰り返し、練習が必要だ。

何十回も、ここに記した内容を実践してほしい。

全ての成功の秘訣は「練習」。

これが真理である。

広告